平成28年度事業報告 – http://ankankyo-saitama.jp/about/report/businessreport/

平成28年度事業報告

平成28年度から始まった「第10次埼玉県交通安全計画」において、平成32年までに交通事故死者数を125人以下に減少させるとの目標が掲げられたことから、平成28年度事業重点に基づき、県警察本部・各警察署の指導のもとに県・各地区協会及び安全運転管理者選任事業所が一致協力して、以下の各種事業を積極的に展開した。

  • 交通死亡事故「0」日数継続を目標に、県警察、県交対協・各関係機関団体等と連携し、あらゆる機会を捉え交通事故防止活動に積極的に取組んだ結果、県下における交通事故死者数は151人(前年比-26人)と減少に転じ、昭和30年以降最少の死者数になるとともに、人身交通事故件数、負傷者数共に減少した。このような中で、安全運転管理者選任事業所関係の人身交通事故も1,377件(前年比-42件)と減少し、交通死亡事故についても8件と前年対比ではマイナス5件と大幅な減少となった。
  • 安全運転管理者選任事業所関係者の交通安全対策として第23回交通事故防止コンクールを開催し、チーム数1,959(前年比+134)、人員18,597人(前年比+1,585人)と増加した昨年より多い参加を得た。その結果、チーム参加者間の強い連帯感が醸成されるとともに、無事故・無違反達成者は17,482人、達成率は94.0%と高率で、しかも人身交通事故発生割合は、443人に1件(前年347人に1件)、交通違反割合は16.7人に1件(前年16.3人に1件)とそれぞれ好成績であった。
  • 安全運転管理者等法定講習については、県協会・地区協会が連携を強化しながら実施し、講習の充実強化のため特別講師の指定替えや各地域に応じた効果的な安全運転管理の事例発表等により、安全運転管理者等の指導能力の向上に努めた結果、県下全事業所の安全運転管理者等17,369人(前年比+350人)が全て受講され、平成4年以降25年間連続受講率100%を更新し、事業所の交通事故防止に大きく寄与した。

平成28年度中に推進した主な事業概要

第1 表彰式・会議等

1 表彰式

平成28年5月19日(木)「埼玉市民会館うらわ」ホールにおいて、ご来賓として埼玉県知事等のご出席をいただき、警察本部と共同主催により挙行した。

2 通常総会

平成28年6月17日(金)「プリムローズ有朋」カトレアホールにおいて、通常総会を開催し、平成27年度(一社)埼玉県安全運転管理者協会事業報告及び平成28年度(一社)埼玉県安全運転管理者協会事業計画(案)等の審議を行った。

3 通常理事会

⑴ 平成28年5月19日(木)及び平成29年3月17日に開催した。

4 臨時理事会

平成28年6月17日(金)「プリムローズ有朋」ローズホールにおいて、臨時理事会を開催し会長、副会長及び専務理事の互選等を審議した。

5 専門委員会

  1. 総務委員会 平成29年1月18日(水)
  2. 指導委員会 平成29年2月10日(金)
  3. 企画委員会 平成28年7月8日(金)及び平成29年3月3日(金)
  4. 財務委員会 平成29年3月10日(金)

6 県下各地区会長会議

平成29年1月18日(水)「プリムローズ有朋」において、平成28年中の交通事故発生状況等の報告及び平成28年中の交通事故抑止活動功労地区表彰を行った。

7 ブロック別地区会長会議

  • 南部ブロック 9月2日(金)
  • 東部ブロック 10月14日(金)
  • 西部ブロック 10月28日(木)
  • 北部ブロック 11月18日(金)

8 関東安全運転管理者協議会連合会等会議

平成28年6月16日(木)~17日(金)の両日、長野県長野市において開催された、関東安全運転管理者協会連合会総会及び第49回連絡会議に事務局長が出席したほか、管区内各県専務理事等会議、都道府県安管専務理事等会議等に出席した。

第2 事業

  1. 安全運転管理者等選任事業所及び地域における交通事故防止対策の推進
  2. 事業所の交通安全対策を完遂する第一人者確立のための法定講習の実施
  3. 各地区協会・選任事業所の緊密な連携による交通安全活動の展開
  4. 安全運転管理体制充実を図るための組織体制の強化
  5. その他の活動

の諸事業を積極的に展開したほか、協会の態勢強化を図った。