入会のご案内 – http://ankankyo-saitama.jp/join/

入会のご案内

地区協会に加入して
事業所の交通事故防止と地域社会の交通安全に貢献しましょう

協会の組織は、県下各警察署ごとに地区協会が結成され、埼玉県警察本部・各警察署と緊密な連絡をとり、事業所や地域における交通安全活動等の推進役となって安全で快適な交通社会の確立と、事業所の発展に大きく貢献しています。

地区協会に加入すると7つ(プラス1)のメリットがあります

1.安全運転管理支援情報をご提供いたします!

  • 機関誌「彩の国さいたま 安全運転管理」(年3回)が送付されます
  • 選任事業所の交通事故発生状況等が把握できる「安管だより」・「交通安全ニュース」等が随時提供されます

2.顧問弁護士制度をご利用できます

従業員等の交通事故相談はもちろん業務や事業活動に関するトラブル等について初回の相談を無料で受けられます。

3.DVD等の貸出しが無料です!

1本あたり6~8万円程するDVD等(保有数約80枚)が会員になると無料で借りることができます。事業所の交通事故防止・交通安全教育にご活用ください。
交通安全教育DVD等について詳しくはこちら

4.安全運転四輪1日研修費用を一部助成いたします

新任管理者・新規採用職員・事故経験者向けの安全運転四輪1日研修コースの紹介と一部費用の助成が受けられます。

5.交通事故防止コンクールに参加できます

事業所単位で参加する交通事故防止コンクール(6か月間)に参加でき、従業員の事故防止が図れるとともに、優秀事業所は表彰されます。

6.警察本部長・警察署長表彰等の表彰が受けられます

優良事業所・優良管理者・優良運転者には、警察本部長・警察署長表彰等の表彰が受けられます。なお、交通栄誉章緑十字金・銀・銅章の推薦が受けられます。
優良安全運転管理者等の表彰について詳しくはこちら

7.加入事業所間の情報交換ができます

各地区ごとに事業主研修会や総会等が開催され、加入事業所間の交流もあり、幅広い情報交換の場になっています。

8.川口地区、武南地区安全運転管理者協会加入事業所へのお知らせ

川口市の公共工事等入札業者評価項目に「交通安全活動への取り組み」が加わり、川口地区、武南地区安全運転管理者協会の会員事業所が評価の対象となりました。
※平成29年7月「川口市総合評価方式活用ガイドライン」を参照してください。

入会までの流れ

  1. 地区安全運転管理者協会加入申込書をダウンロードします。
  2. 必要事項をご記入してください。
  3. 事業所所在地の管轄警察署交通課窓口へ申込書をご提出ください。
  4. ご提供いただいた申込書が県協会へ届くと
    • パネル(会員之証)・・・事業所内外に掲出できます
    • 額(A4)・・・正(副)選任届出済証入れとしてご活用ください
    • バッチ
    • 腕章
    • 安全運転管理者協会加入会員手帳・・・法定講習出席時にご持参ください
      (会員様には、県協会から昼食をご用意しております。)
    • 冊子「安全運転管理 解説」

    を各警察署交通課を通してお渡しします。

各地区安全運転管理者協会への加入のお願いについて

平成30年4月1日

安全運転管理者選任事業所 事業主様

一般社団法人 埼玉県安全運転管理者協会長

安全運転管理者選任事業所事業主の皆様には、益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。

日頃から、各事業所におかれましては従業員皆様の交通事故防止等にお心遣いされていることとご推察申し上げます。

さて、昭和40年6月道路交通法の一部が改正され、激増する交通事故防止対策として、安全運転管理者制度が法制化され、本県では全警察署内に地区別安全運転管理者協会が設立されました。

この制度は、事業所関係車両による交通事故防止を図るため、業務の一環として交通安全教育等の事故防止対策を実施する責任者を選任し、公安委員会に届け出なければならないものです。この制度の効果的な運用を図るため、同42年5月に各地区協会の指導的機関として県協会が設立され、平成元年に公益法人として県知事からの認可、その後、公益法人制度改革に伴い、平成24年4月から新たに一般社団法人として認可されて現在に至っております。

当協会もこのようにして創立50周年の節目を経過し、新たに更なる地域における交通安全活動を推進しているところであります。この間、多数の皆様のご支援とご協力によりまして、交通戦争と呼ばれた時代を経て現在に至るなど、今後も事業所保有車両等による交通事故防止対策等を積極的に推進し、企業としての社会に対する責任を果たすための支援活動を継続して行く所存です。

全国では337,632の事業所に副安全運転管理者を含め408,548人の安全運転管理者等(平成30年3月末現在)が選任され、各従業員等に係わる交通事故防止活動に取組んでおられます。

また、安全運転管理者協(議)会に加入されている安全運転管理者等は、各々の事業所内にとどまらず、各地域においても交通事故防止キャンペーン等を通じ、幅広く交通事故のない環境づくりに大きく貢献されています。

県下の選任事業所数は、平成30年3月末現在、14,528、保有車両数194,566台、従業員数751,642人を有する大組織であり、事業主と従業員、安全運転管理者等と専従ドライバーといった関係にあり、平素から安全運転に対するアドバイス等がなされ、安全意識が高くなることから、県内の交通事故全体を減少させる上からも県警察から大きな役割を期待されております。

このようなことを踏まえ、共に協会に加入され交通事故防止活動等に御尽力頂きますようお願い申し上げます。

企業をとりまく環境は、常に厳しい情勢にありますが、このような時機だからこそ交通安全活動等に力を入れて行く必要があると確信しております。